読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

せめてバックには真っ赤な薔薇の花を

1か月以上書いてなかった。

そんなのっちさんでも健康のため年1で人間ドックに入る。

血液検査とか、肺活量検査とか、あらどっかで受けたなと思いながらもまた受けてきた。

人間ドックを受け終わり、意気揚々と移動した。順調だ。

と思った翌朝、異変が起きた。

トイレでいきんだ後、紙に赤いのがついている。血。

確かに固かったから・・・と思ったが、血が出てる部分を拭き取った。

いぼだ。いつも月一で確認できるいぼよりデカい。

 

休み時間、「(のっちさんの居住地) 痔」で検索かけているのっちさんがいた。

検索の結果、のっちさんの居住地には肛門科専門病院があった。

電話した。「予約はいりませんので身一つで来て下さい」

すぐさまその病院に駆け込んだ。

 

初診であることを告げたら問診票を書かされ、男だけ数人の待合室で待つこと10分。

呼ばれた先では若い女性が待っていた。

彼女の隣にはベット。頭側には枕、足側にはこまごました器具。その上にモニター。

頭側の壁に絵があった。

背を向けて横になった人間の絵。両足を曲げた下半身はズボンを下ろして丸出しになっている。

ああ、そういう姿で受けるんだなあと思った時、彼女はタオルを持っていた。

その絵よろしくズボン降ろして横になれってことだな。

のっちさんはズボンを下ろし横になった。タオルが腰から下を覆うように置かれた。

彼女と歓談しながらこのまま待っていろってことだな。

 

と思いきや、「まず写真撮りますよ-」

彼女はタオルの下からのっちさんの患部を消毒し、

性器部分に紙か脱脂綿を覆ってから彼女は写真を撮った。

医者がとなりの診察室で低く高らかに歓談してる声を聞きつつ、

のっちさんは待っていた。

そしてしばらくしてから医者がやってきた。

 

医者だ。50はとうに過ぎた白髪の親父だ。

医者は問診票を見た。

「人間ドックを受けた後に痔が悪化したんだねえ。ああバリウムねえ。」

 

ふと数日前の自分を思い出す。

胃腸を見るバリウム検査は1年ぶり。絶食、口当たりの悪いバリウム、そして数分間の回転。げっぷも出さず受けきった自分に尊敬する。

その数日後に肛門科に駆け込んだ自分との落差。

バリウムって胃の運動ぐらいしか見られないんだよねえ。排便も固くなるし。それよりなら食道から十二指腸まで見られる胃カメラの方をお勧めするんだけどねえ」

と医師はのっちさんの肛門の写真を撮りながら話していた。

写真を撮った後、のっちさんの肛門に何か冷たいものを突っ込んだ。

肛門を温めるために5分間耐えた。

 

診断 「嵌頓痔核」 痔核(いぼ)内に血液の固まりが多数でき、浮腫も重なり肛門から飛び出しているため腫れと痛みが強い。

医師から貰った「嵌頓痔核」4連写の画像には確かに小豆状の血豆がある。

そして今後の治療予定。

・毎日入浴するように

・処方された飲み薬、差し薬(軟膏)、付け薬を定期的に付けるように

・肛門冷却(ポスクール)療法*1

・排便は3~5分で済ます。

わかった、とのっちさんは診察を終えた。*2

 

で、ここ最近ののっちさん。

血豆が破けたせいか、お風呂に入る気力もなくなった。

そのかわり尾てい骨の上にカイロを貼ってなんとか血行をよくしている。

*1:多分、肛門を温めるために冷たいものを突っ込まれたことでは

*2:あれ、女性が撮った写真は?と思われたかもしれませんが、あの写真は診察前の痔の状況を確認するためだったもののようで、病院で預かることになった模様です