読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

モンチとあんなのエリザベート

先日、東京で宝塚の『エリザベート』を見に行った。

 

自分は毎月の宝塚雑誌の愛読者なので

『だいたいエリザベートはこんなもんだ』

という学習はしている。

ああ、女子プロレスラー朝夏『トート』まなとが活躍するんだな*1。程度。

まあ、女子プロレスラー、違う宙組トップスター朝夏まなとを見るのはもちろんだが、のっちさんが見たかったのは彼女だけでない。

全員見たいのはやまやまだが、宙組と言えば特にこの二人が見たかった。

 

星吹彩翔、93期男役。ニックネーム、モンチ。

風馬翔、94期男役。ニックネーム、あんな、かける。

 

数年前49歳友人は宝塚おとめを見て、彼女らの顔を見て吹いた。風馬翔はそのまま。星吹彩翔はニックネーム*2も見て。

『俺、星吹彩翔と風馬翔を舞台で見たら吹く自信あるぜ』

と49歳は断言してしまった。

 

まあ、星吹彩翔はともかく、風馬翔はダンスの人だから!顔はそうかもしれないけど彼女のダンスも見てくださいよ!

とのっちさんは思った。

宝塚雑誌での茶目っ気ある風馬翔のイラストを見ながら余計吹きそうになるのを抑えながら。

 

で、『エリザベート』配役。

星吹彩翔 ヴィンディッシュ嬢

風馬翔  黒天使

え?男役の星吹彩翔がヴィンディッシュ嬢だと?これは吹くどころか疑問符が踊った。49歳はこれを聞いた時吹いた。

『あの星吹彩翔がヴィンディッシュ嬢?伶美うらら*3がマダム・ヴォルフ?劇団、いくら、小池が激務だから*4、といって小柳*5に任せて大丈夫かよ?』

 うん、あの小柳奈穂子だし、役もあれだしこれだしな、見ないつもりできたが、なぜかチケットが手に入ったためになぜか東京宝塚劇場にいた。

かけるは黒天使だからほぼ別役はないとしても、モンチ、ヴィンディッシュ嬢じゃないときも女役なんだろうか、さっき急いで買ったパンフレットを見た。エリザベートの大叔父さん、カフェの男、貴族男…。なんだ男役もやるんじゃん、しかも、貴族の時は男役として歌ってるし。

オペラをモンチ探しに終始してるうちに休憩、箸休め的に星風まどか*6の子ルドルフを見たあとにいよいよエリザベートとヴィンディッシュ嬢との対決。

 

あ、あれ?

ヴィンディッシュ嬢を演じてる人って本職男役ですよね。

そこからなんで普通の娘役以上の美しい歌声が出るんですかね?

うん、モンチすげー

 

と思ってたらフィナーレでは変形燕尾服を着て踊り、ラストのパレードでは葡萄茶の貴族服でシャンシャンもって歌いお辞儀していた男役のモンチが居たのだった。

 

で、かけるくんについては

黒天使を演じる人が全て『白い顔に白灰色のロングヘアで黒服』のため、どれがどれだがわからなかった。

でも、休憩中で49歳が喫煙所に行ったとき、

『あの、風馬翔、今日もキレキレのダンスでよかったわ』

と49歳より年上の女性が自慢げに話していたそうで。

 

今度の舞台ではモンチとかけるくんを真面目にみようかと思う。ショーの方が彼らの持ち味が出そうだとは思うが、今度宙組の舞台を見るかどうかはまだ予定が立たない。

*1:これは49歳友人が宝塚グラフ2016年10月号の写真を見た時に発した言葉より

*2:そのときの49歳のコメント『モンチねえ、あのモンチッチから来てるだろ、俺はモンチッチというより元ネタとしか見えなかった』

*3:95期路線娘役、トップ候補として期待されているが…

*4:小池は演出家の小池修一郎エリザベートの演出家でもあるが、今回は東宝エリザベートの演出も手がけるため、宝塚版は演出・潤色という立ち位置

*5:演出家の小柳奈穂子。原作付き作品の演出に定評がある。今回のエリザベート小池修一郎とともに演出を勤める

*6:100期路線娘役。顔立ちが幼いためヒロインだけでなくメインの子役も演じる