銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

土曜日の朝、シリを切られた

www.oricon.co.jp

恐ろしく救いようがない歌詞だなあ。

大人の嘘が許せない。けれど嘘を受け入れなければならない。

傷つけられなければ生きて行くことは出来ない。

だから傷つけられてもそれを口にしてはいけない。

それがわたしたちが大人になると言うこと。wowwowowwow・・・。

 

さて、そんな大人になりきれなかったのっちさんは古新聞を漁っていた。

そこに「高崎線女性シリ切り魔現行犯逮捕」という記事を見たもんだから盛大にずっこけるしかなかった。

もっとずっこけたのはその1週間後、埼玉新聞がその事件の特集記事を組んでいたことである。

中年男の陰気な楽しみ

指先に熱い期待 女性への劣等感をキル

見出しだけでもあの妄想記事の東京カレンダーに喧嘩売れると思う。

本文も現実の事件の詳細を踏まえていても、

バスが行田駅に着くと、市村(犯人、仮名)も乗客と一緒に外へ吐き出された。得体の知れない興奮が、市村の胸を静かになめていく。きょうは仕事始め”あのことも年始めの初仕事だ”・・・(一部略有り)

列車が桶川駅に滑り込んだときの市村は、期待と緊張に多少堅くなっていた。

〈この期待するものへの心の充足感!こいつが何とも言えねえな‥〉

(ターゲットを見つけて)市村の方から満員電車の中で、ちょっと体をふって、何気なく彼女の背後にピッタリ体を寄せた。

この女のエリあし、あのときおれを罵倒した女のとそっくりだな。

この記者、本当は小説を書きたかったんだろうなあと。まあこの新聞では受け入れがたい形の小説。だって犯行現場はこんな感じ。

だが、市村和典(犯人フルネーム、仮名)には、絶対の確信があったのだ。”切る”ということにかけてはー。少年時代から実父が紙の裁断業をやっていた関係上、鋭利な刃物のつかい方にも訓練されていた。それに女を”切る”という行為は、すでに数十回*1の経験ずみだ。"切る”ときの操作は、列車の動きとその反動を利用して、科学的に自然に”切る”ことを習得していたからー。市村はA子さんのボリュームのあるヒップのやわらかいはずみを楽しみながら、一方、右手の指に巧みに挟んだ鋭いカミソリの刃を静かに上下させていたのだった。(一部略あり)

A子さんを狙う部分なんか文言変えればもうエロ小説のあのシーンになるんじゃねえかと思ったり。もちろん、A子さんのオーバーを切った後、犯人はそれを見ていた6つの眼*2から駅長室に連れて行かれて、逮捕されるんですけどね。

この犯人、初めてのお子さんが小児麻痺にかかり、看病の結果金に困り、人のモノに手を出すようになり、その上その子が死んだ。そして自棄になり稼業を潰したが、また子供が出来ると聞いて生まれ変わったように明るい生活に戻った。そして現在は高2と中3の子供がいて、部屋も与えるほどに恵まれた生活をしている。そして、5年前から働いている会社社長も彼への評価は高い*3。そんな男がなぜそんな凶行を?となるわけです。

しかし、供述書から、彼が列車で偶然ある女性の体に触れた後にその女性から罵倒されたことがきっかけだったことが判明します。その怒りが電車の中の15歳から28歳の女性のスカートやらオーバーやコートを切っていたのです。

ここまで、この事件の時期をぼかして書いていますが、実はこの特集記事は1968年1月13日の埼玉新聞5面のニュース・ストーリー*4から引用しました。

そして49年後、スカートを切られたとしても黙っていろ、と主張する大人が出てくるわけです。一番怖いのはその大人はその事件の前から生きていると言うことです。

*1:この犯行を含めれば46件

*2:埼玉県警三課の刑事、大宮、高崎両鉄道公安官の三人の男

*3:しかし、この犯人、この事件の7年前に窃盗でで逮捕、執行猶予中に数十回窃盗を行い懲役3年の実刑判決を受けているんですがね

*4:このニュース・ストーリー、当時の埼玉県で1~2週間前に起きた事件を脚色して掲載しています。イメージ的には週刊新潮の黒い報告書の新聞バージョンと思って差し支えありません。

生ける血は火と同じくらい赤く熱い

 2016年7月26日の朝。

のっちさんのケータイは鳴っていた。

毎月契約しているNHKニュース速報メール。

相模原市の障害者施設に男が侵入と通報・・・二人心肺停止 消防など」

ああ、障害者施設に放火したんだなこいつ。

現に障害者施設に限らず建物の失火とか放火とか良く聞くし。

そこでもう一度見直してみた。

相模原市の障害者施設に男が侵入と通報 十数人刺され2人心肺停止 消防など」

え?殺傷?

テレビを点けた。その凄惨な現場となった施設を各局インタビューやレポート交えて映している。犯人はそのまま出頭したと言っている。

呆然としながら朝ご飯を食べた。そのまま身支度。会社に行った。

会社でもその話で持ちきりだった。そして、お昼前死者数確定。19名。戦後最大の単独犯による大量殺人事件になっていた。

 

その事件から約1か月後、のっちさんは地元の図書館に居た。

障害者施設、精神病院、介護施設、その他の火災死亡案件の記事を見ていた。

1980年代の障害者施設、精神病院では、亡くなられた「障害者」は名を伏せられていた。その一方、介護施設の入居者は名前が出されていた。

1990年代はそういった案件を見つけきれず、2010年付近まで飛んだ。

2008年の大阪の個室ビデオ店放火殺人*1でも、2008年の神奈川で知的障害者グループホームが放火されたが、どれも亡くなられた人は実名報道された*2

2012年の広島のラブホテル形態ホテル*3火災は場所が場所だったせいか亡くなった人の名前みんな伏せられた。たしか警察発表。

 

そして、この相模原の事件も警察によって亡くなられた人の名前は全員伏せられた。

場所が場所だからなんだろう。施設に送り込んだ経緯も経緯なんだろう。

だから名前は伏せられた。そしてこの事件が一気に空気に化しそうになった。

犯人が殺したことすら無かったことであるかのように。

そこで当事者団体や障害者団体らがこの事件を風化させないためにも声明*4

を出し、しばらくして集会を開いた。そして、メディアは亡くなった彼らの名前を出す代わりに、彼らを示す特徴的なエピソードを伝え、生きていたことの証を伝え続ける*5

 

相模原の事件は本当にあったんだよ。そういう馬鹿なことをしでかさない人間をつくらない為にも自分らが生きていたことを伝えなきゃ。そらそうだよ。人間が本当に死ぬのは誰からも忘れ去られた時、って芸術家が言ってるぐらいだし。うん、事件を風化させないためにも伝えなきゃ。

 

で、19の命を日本政府に差し出したはずの犯人に対しての政府の回答は、犯人が経験した措置入院の退院後監視を強化しようという方向に進んでいる*6だそうで。その一方では障害者らを慰め、元気づけるコメントすらだしてない*7。うん、いのちって何?

*1:死者数16名、2016年7月26日まで日本の殺人事件として死者数最大

*2:当時の居住地の新聞では2015年の川崎市簡易宿泊所火災で亡くなられた方は当初は実名だったけど、最後に判明した人は実名掲載してなかったな

*3:ややこしいけど、経営者がラブホテルとして自治体に経営申請してるからこういう書き方します

*4:一例最新情報リンク20160728

*5:一例

www.nhk.or.jp

*6:それを盛り込んだ精神保健福祉法改正案が今回の国会では時間切れで成立ならずなので、次回の国会で成立する可能性がアリ

*7:お前らから言われんでもいいわ、と言う声があるかもしれないけど、出してもよかったはずなのに

ノンカフェインじゃないとダメなのに

nocchi77.hatenablog.com

の続き。

あれから、のっちさんは「子宮のでかいのっちさん*1」と言われた。

まあそれはそれとして、生理1週間前になったと推測される時期になったので、改めて先日行った産婦人科に行って来た。

内診の結果、

「あなた、通常の12mm程度の内膜に収まっているわよ」

は?

「もしかしたら、いつも飲んでる南アフリカのアレが原因だったのかもね」

南アフリカのアレ、世間一般ではルイボスティーと呼ばれている飲み物である。

 

のっちさんはもともとカフェインに弱く、濃いめのコーヒーを日中に2杯飲んだだけで不眠になる。そこからノンカフェインのお茶を摂ることにした。しかし、当時住んでいたところは田舎で、手に入るノンカフェインの飲み物と言ったら麦茶かはと麦茶しかない。そんなのっちさんは宅配スーパーであるものを見つけた。ノンカフェインルイボスティー。20袋入りで600円。買った。そして毎日飲んだ。去年の春の話である。

そして6月、体がおかしくなった。経血が多くなったのである。

周囲は更年期障害の始まりだろうと片付けた。のっちさんも思った。

まだのっちさんはノンカフェインのルイボスティーを買って飲んでいる。

そしてドナー決定の通知、そして貧血傾向によるドナー延期。

まだのっちさんはノンカフェインルイボスティーを飲んでいる。

経血のひどさに月経過多用のナプキンも買い込んだ。

まだのっちさんはノンカフェインルイボスティーを飲んでいる。

 

しかし、埼玉に来てルイボスティーで検索したらこんな記事を見つけた。

ルイボスティーで子宮内膜厚くして不妊解消!」

不妊なんてどうでもいいよ、こんな時代だし彼氏すら居ないし。

でも、子宮内膜が厚くなるってことは生理って子宮内膜がはがれて起こる現象だから、もしかして。

それからのっちさんはルイボスティーを飲むのをやめた。

女性ホルモンや内膜の厚さより貧血回避が先決である。

その結果が、「あなた、通常の12mm程度の内膜に収まっているわよ」である。

証明するかのように、翌週からの生理の経血も去年の春レベルまでに落ちていた。

 

しかし、ルイボスティーはのっちさん宅に現在も大量にストックされている。

どうしよう、いつ飲めばいいかなあと思った時に、美容師さんとこんな雑談をしたことを思いだした。

「わたし、今、終わりかけなんですけど生理なんですよ」

「あ、生理なんですね、生理の1週間前はため込みやすいからあんまり食べない方がいいけど、生理開始から2,3日間は排出するだけだからたくさん食べられますよ」

これからは、生理開始から3日間はルイボスティーがぶ飲みするか!

*1:男性レベルでは「睾丸のでかい」が該当すると思うの

あのひとのための、マロニの日

小林麻央さんが乳がんで亡くなった。

のっちさんは乳がんと聞くと伯母さんのことを思い出す。

 

のっちさんは伯母さんからかなりお世話になった。

のっちさんが小学校まで帰宅先は伯母さんち。

伯母さんが帰ってくるまでは祖父母が面倒を見てくれていた。

夕方に颯爽と帰ってくる彼女は仕事の合間を縫って、

のっちさんの本から彼女は白い馬の縫いぐるみを作った。

そして、料理だって会合があれば大皿料理を一人で作る。

伯母さんは家事をそつなくこなす人だった。

 

ある日彼女は体の痛みを訴えるようになる。

どこの病院に行っても異常なし。けど、胸だけは看てない。

診断結果、余命宣告付きの乳がんであったことが判明した。

そのまま彼女は入院し、のっちさんの顔も、家族の顔も忘れ息を引き取った。

 

そんな彼女が作ってくれた料理に「マロニ」というのがある。

一言で言うと「冷やし中華の麺をマロニー」に変えただけの料理。

なぜ、彼女がマロニー不毛の地*1で「マロニ」を作り始めたかはわからない。

けれど、30年ほど前から月1ペースで伯母さんちの食卓に並んでた記憶がある。

その上、のっちさんがおいしいと言った記憶もある。

 

そんなわけで、小林麻央さんが亡くなった時、のっちさんは

「ああ!マロニ食いたい!」と唐突に思ったのだ。

 

「あんたに何度もマロニの作り方教えたでしょう?」

と母親はあきれながらものっちさんに作り方を教えてくれた。

 

マロニの作り方(だいたい1人前)

材料:鶏肉50g、卵1個、キュウリ50g、ハム1枚、マロニー*250g(マロニ本体)

   醤油、酢、ごま油すべて適量(マロニタレ)

1,鍋にお湯を沸騰させ、そのままマロニーを袋に記載しているゆで時間でゆでます。

2,卵は容器に溶いて油を引いたフライパン(もしくは卵焼き器)で薄く焼いて薄焼き卵を作る。

3,鶏肉は塩少々と、酒小さじ2で茹でる*3

4,焼いた卵、茹でた鶏、きゅうり、ハムは短冊切りにする。

5,茹でたマロニーはザルにあげて水洗いする。

6,酢とごま油を混ぜて醤油を少しずつ入れてタレをつくる。*4*5

7,洗ったマロニーを山のように盛り、その上に卵、鶏、きゅうり、ハムを固めて置いて完成。*6

 

完成、そして食べてみた。

f:id:magenta77:20170624214845j:image

10年ぶりに食べる、そして人生初調理のマロニ。食べる。

やっぱり、伯母さんのマロニには叶わないよ!

でも、伯母さんはもう居ないので、のっちさんのマロニを作っていくしかない。

今度は伯母さんの月命日近くの休日にでも作ろうか・・来週だけど。

 

改めて、小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。

*1:実家付近で「マロニー」使ってる家は近くで聞いたこと無いし、伯母さんちの料理でマロニー使ってたのは「マロニ」だけだもん

*2:太めが望ましい

*3:のっちさんは今回、以下のyoutubeを参考にして電子レンジで作りました。(600wで4分30秒)

www.youtube.com

*4:茹でた鶏から出る液体を入れるのもよし。レンジで茹でたときにでる液体を入れる場合はごま油を減らすか入れない

*5:醤油から先に入れると塩っぽくなるため醤油は後からがいい

*6:マロニーを盛る前にタレを入れるのも可

のっちさんプレゼント考

プレゼントについて最近思うことがあった。

書こうとしたきっかけ

のっちさんは節目ごとにプレゼントをくれる男の友人*1がいる。

くれるものはチョコレート、神社の御守り、まあ、日常としては文句なくもらえるな*2、と思うものばかりだった。

ある日、クリスマスプレゼントとしてミュージックプレイヤーをもらった。ああ、SNSで欲しいなあと言ってたもんな。それを見てある感情がわきあがったが、その時はやり過ごした。

次は、ある文房具だった。SNSに「買うのは春になってからだな」と書き添えたら2月のバレンタインデーにもらった。まあ、またあの感情がわきあがったが、ありがとうとだけ伝えた。

そして、誕生日。今回は何も言っていない。

しかし、彼曰く誕生日プレゼントは送ったという。喜ぶ彼を尻目に放心したかのさん。

そして、プレゼントは届いた。

「のっちさんに似合うと思って」

と贈られたジュエリー。思わず、彼と連絡をとった。確か、先日立ち寄った占いでも彼と相性がいいと言われた。これは言うしかない!

「ありがとう、…できれば、ジュエリーは恋愛関係になってから欲しかったかな。ちょっと早すぎる

 そして、以前のプレゼントについて不満を悉くぶちまけた自分がいた。

 

今更の連続にも関わらす

「あのね、ミュージックプレイヤーはもらって嬉しかったけど、あれ、実はチャリティー商品なんだ。だからホントは自分のお金で買いたかったんだ

「文房具だけど、『春になってから』と書いたのは実は引っ越しを控えてたの。引っ越しでゴタゴタして無くすより、一段落してからの方がよかったかな

もらってからの「実は…」、あげる側はもらう前に言っとけよ、である。SNSであれしか書いてないじゃん。

後、ジュエリーだって、似合うから贈っただけで、恋愛関係のマイルールなんて知らないよ。贈られたら感謝しろよ、感謝。

と贈り手は思ったかもしれないが、彼はのっちさんのメッセージをうんうんと反省しがら聞いてくれた。

 

贈り物と方法で問われるその人間関係

のっちさんが贈り物するときは、事前に内容を聞いておくことが多い。もともと、親が欲しがり屋さんでこれ欲しいとかあれ欲しいとか言う人だから、というのも大きいと思う。

そして、のっちさんには家族以外で物を贈りあう人間関係の経験が不足しているため、どこぞのカップルみたいに

「信頼してるし、わかってくれるから、言わなくてもわかる。」

というロマンティックなルールが通用しない。むしろ、のっちさんは仲が良いのなら言ってくれ。言わないとやらないか、想定しない行動に出るタイプ。

個人的なプレゼントの時にこそ、意志を確認した上で会話等で欲しいものを探っていくのも一つの方法だ。SNSに書いてあったから素直に今すぐ欲しいというわけでもない。その時だけでなく、日常の会話やメッセンジャーのやりとりの積み重ねが、情報収集に繋がる。なんてことないやりとりを繋げていくことが人間関係が長続きする秘訣でもある。

 

人間関係は1日にしてならず。と見ず知らずの人にプレゼントて恐怖のどん底に突き落としたこと*3があるのっちさんはしみじみと思うのであった。

 

「以心伝心推奨志向はやめてくれ。本当に伝えたいことがあったら口に出すか紙に書いて伝えることを推奨しろ」

 

追伸、あの時の占い師のおばさんありがとう。

 

 

 

 

 

*1:まこと君とは別の方です

*2:一度ケーキもらったことがありますが職場の仲間とわけました

*3:と、のっちさんは勝手に思っている

だからだいもんに妄想でも無理させるなって

この話の続きになります。

nocchi77.hatenablog.com

「おまえさー、子連れ狼いつなったら読むんだよ?」

「それよりさー、拝一刀よりだいもん*1にふさわしい劇があって」

「は?話反らすなよ」

おしどり右京捕物車って大昔のドラマ」

「知らんわ、まあ、話を聞くだけ聞いてみようか」

「右京という奉行と嫁のはながネコと」

「やめろ、俺はネコは単語から嫌いなんだ」

「幸せに暮らしてたんだけど、ある日、右京を逆恨みする奴から家族全員襲われてネコ死んで」

「ざまあ*2

「その上はなが流産して、右京は下半身不随になって奉行所もクビになるんだけど、使命に目覚めた右京ははなが押す荷車に載せられて手裏剣と鞭で悪人をばったばったと倒すんだよー」

「ほう、で誰が荷車に乗せられて引っ張り回されるだいもんを見るんだよ」

「え?手裏剣でばったばったと倒れる下級生の倒され方に注目しないの?マトリックスみたいなパフォーマンスする期待の若手とかさあ」

「てか、全く動かないだいもんって需要ねーだろ?」

「宝塚で鞭裁きが上手い男役ってかっこいいよね(うっとり)*3

「で、手押し車には様々な武器が仕込まれて、女子供がこれを見て喜ぶの?」

「「おしどり右京捕物車」を制作した松竹さーん、馬の松風*4貸してくれたんでしょうー、上演権お願いしますよー、後、演出は齋藤吉正でよろしくー。」

これがだいもんのサヨナラで無いことを願いたい*5

*1:宝塚歌劇団次期雪組トップスター望海風斗のニックネーム

*2:この方の前世は多分そのネコですね

*3:たぶんこいつの頭には花組のレビュー「エンター・ザ・レビュー」の猛獣使いのシーンが再生されていると思われます

*4:2014年6月-8月雪組公演「一夢庵風流記 前田慶次」にて使用、奇しくもこのときのトップスターはだいもん同様花組在籍経験のある壮一帆

*5:これがサヨナラになって観劇することになると、齋藤吉正の江戸時代サヨナラ劇を連続してみることになる。まあ妄想だからないでしょうが

11時に産まれた子はね

のっちさんは40歳になった。

どーもぉ、40歳独身彼氏無し一生結婚無理目なのっちさんでーす。

女の友人は全く居ませんが、男のオタ友はいっぱいいまーす。

と、前までなら自虐ネタ大盤振る舞いの自己紹介出来たかもしれない。

もう、そんな逃げてるわたしが格好いいと思えなくなった。

 

のっちさんは、中学まで勉強しか出来ない奴だった。

で、進学校に入ったら、何もできない奴になっていた。

だってみんな勉強できるんだもん。みんな仲良く出来るんだもん。

そんなこと無いわたしはもう生きてる価値が無ーい。

と毎日心の中で叫んでいた。

 

大学は国立だけどギリギリ自分が入れそうなところに入った。

実家から一番近い大学。

学部と専攻は自分には絶対合わない。

人間関係スキル無し、飽きっぽい。けどとりあえず4年通った。

入った専攻と全く関わり合いの無さそうな業界に入ろう。

 

と死にものぐるいで頑張った結果、入った専攻と若干関わりある業界に入らざるを得なかった。

 

で、今、評価は低空飛行であるけど同じ職場でずーっとやっている。

40代になったら、急にその大学時代の自分を直視することになった。

大学時代以上に専攻の知識を深める気はないの?

周りは貴女以上の知識はあるかもしれないけれど、最低限の知識を理解しないとここでは浮いてしまうよ。

その上、その周りに、大学時代に会った人、就職後に会った人、そして子供の時ののっちさんがのっちさんを取り囲んで

 

何もしないで逃げるなら俺達*1の存在はどうなるの。

俺達にただ死ねと言うのか!

 

そうしたくは無い、だから・・・と言葉につまったのっちさんがいた。

 

昔、読んだ占い雑誌に生まれ時刻占い*2というのがあって、

「午前11時台にうまれた人は苦手なもの、嫌なものとなぜか縁がある」

と書いてあった。11時に生まれたのっちさんが初めて読んだ時は笑っていたけどそうなんだな、暗示って怖いなあ*3

そう思いながら40歳最初のブログを綴っている。

*1:実は、この方々は専攻と業界と深い関わりがあるのです。それはまたの機会に

*2:1989年頃のMy birthdayにてマドモアゼル・愛さんが執筆

*3:だったら、のっちさんは苦手なものとか嫌なものとは全く縁が無い、という暗示かければいーんじゃね?