読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

闇に巻かれたルドルフは砕け散る

知人のフェイスブックアイコンが変わった。

前までは趣味に打ち込む知人の写真だった。

久しぶりに彼のアイコンを見たとき

誰こいつ?

と思った。

癖毛を軽くした髪型にまゆを細くしTシャツを着た男性写真のアイコン。

こいつ初老過ぎてるよな、若作りしやがって、

いや、彼の学生時代か?でもそのころにに明らかに存在しないものもアイコンに写ってるし。

てか、彼の子供か?年齢的に10代のの子供居てもいいけど、子供の話なんて聞いたことねえぞ。もしその場合無断でやったとしたら即軽蔑するけどな。

じゃあ、彼女か?彼と似たような顔の女の子もいることだし、

と彼のアイコンを真剣に見た。

やっぱり、中年男の顔だ。

だって目元の皺が若い子より多い。

そのシワのみならず、仕事や急激な体の変化で陰影が深まった目元からはお前近づくな、俺は闇の世界と契約したからな感があふれている。

 

彼の目元からエリザベートのナンバー「闇が広がる」のサビが頭に広がる。

オーストリア皇太子ルドルフが父親である国王ヨーゼフのやり方を異議を唱えるものの、聞き入れてくれない。そこにトートが入って「ルドルフを目覚めさせる」ためにトートとルドルフが歌うのがこの「闇が広がる」。

闇が広がる

闇が広がる

歌いきったルドルフは俺こそ皇帝になる身だーと、反体制側から祭り上げられて玉砕。そして自爆。享年30歳。

 

まー、確実に年上の彼はルドルフみたいなことやらんだろうなーと思いつつ今日も彼のアイコンを見て闇が広がるを熱唱するのっちさんがいるのであった。