読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

健康診断は空腹必須か否か、その確認が必要だ。

献血とか骨髄移植とか

9月。
ついに骨髄ドナーの健康診断をすることになった。

場所は郊外の病院。
職場のみんなにはドナーであることは一部を除いて公表していないため、事情を知らない人々は有給で1日休めという優しさを見せていた。 

のっちさんは困る。
職場から郊外の病院に行くと一本で行ける、が、のっちさんの自宅から行くとなると乗り継ぎ運賃がプラスされる。
で、それを払うのは骨髄バンク。のっちさんも優しさが働いた。
結果、行きは会社から病院へ。帰りは病院から自宅へ。つまり会社には定時出勤の早引け。

のっちさんはみんなに見送られ病院に向かった。

 

病院に向かった時、のっちさんは空腹を感じた。
お昼前。食べたい!食べたい!
空腹のあまり挙動不審になりつつコーディネーターの女性を探した。
『黄色い封筒もってます』
空腹なので思考回路も省エネモード。受付の人に聞く、ボランティアの女性に絡みそうになる。空腹やべえ。

 

そうしているうちにコーディネーターの方が来た。
まず、今日の日程詳細の説明を受ける。
ドナーハンドブックに基づく説明、1時間。
その後身長体重血圧、血液検査、1時間。
そこで思わずついて出た言葉は
『今、お腹空いてるんですけど、この検査って事前の食事はだめでしたっけ…』
コーディネーターは
『あ、言うの忘れてた。食事は大丈夫ですよ。食べてからやりますか』
のっちさんは大丈夫です、診断が終わってから食べますよ、と言ったらしい。

 

最初はドナーハンドブックの説明について。
『はいはいわかります、大丈夫です、すっとばして健康診断にいってもかまいません』
と、空腹は言わせようとするが、そこはぐっとこらえ説明を聞く。

 

のっちさんは今回骨髄提供のみ希望。骨髄移植の必要性、骨髄移植で重要な白血球のHLA型の話から本日の健康診断、ドナー決定の最終面談、決定後の健康診断、骨髄移植

骨髄移植で、のっちさんは麻酔時気道確保の巨大鉗子写真を見せられた。
無理です、わたしむせます、
と言った。


巨大鉗子を気道に入れて麻酔するもんだと思ったらしい。大丈夫、麻酔は点滴でやるから。その後に鉗子で気道を開く。

ほっとしたのもつかの間、骨髄移植のために事前に自分の血液を取って輸血することもある。
『すいませんこの輸血の後で献血できなくなることってありますか』
自分の血液の輸血だから大丈夫。

骨髄はもちろん骨の中にあるが、いくら太い注射針でも5ミリリットル程度しか採取できない。いくら太い骨が腰の部分にあるとしても、両脇二人掛かりで何度も何度も*1取る。
腰骨の注射針は角度を変えつつ何度も骨髄を狙う。
『その、骨髄採取のために何度も針をさした結果、骨がもろくなることはありますか?』
あとで医師に聞いてください。

 

ちなみにのっちさんが一番ショックを受けたのは骨髄採取日の入院二日目の絶食、浣腸、尿道カテーテルよりも、骨髄採取後は取り敢えず仰向けになってもらいます*2。後元気になったから、売店などにうろうろしないでね、という注意の方だった*3
また、骨髄採取で遺伝子情報も知ることができるらしい。お願いしますと言いそうになったが、これは決まってからの我慢。

 

ここで医者登場。問診開始。
持参していたお薬手帳を見せる。
そこで医者はある記載に気づく。
『あれ、皮膚科に通ってたんだね』
『当時強いアルコールに触っててかぶれたんです』
献血の消毒液でかゆくなる?』
のっちさんが頷いた後に医者はコーディネーターにアルコール過敏の確認を依頼した。

コーディネーター退出。

問診に戻る。
『で、お酒は飲むの?』
『飲めることは飲めますけど、食べ物と一緒じゃないと無理です。後、飲んだ後鬱っぽくなります』
『アルコール過敏な人は酒も弱いはずなんだけどなー』
医者は笑っていた。

 

『後妊娠』
『ないですっ』
『ピル』
『今はないです。生理が止まった時にピルか漢方か迫られて年齢を考えて漢方を選んだので』

 

ここでのっちさん。
『遺伝子情報が通知されるってことですが、うち祖母がリウマチだったんですけど、それがわかりますかね』
『遺伝子情報ではリウマチが発症するまではわからないから大丈夫ですよ』
『後、骨髄採取で骨に何度も針刺すけど大丈夫ですかね』
『確かに何度も骨に指して穴があくし痛みは発生するけど、それで骨折する事はない』
『後人よりむせやすくて気道にもの入れるのが怖いんです』
『気道反射が強いようなら気道に器具を入れることより出した時にむせたりすることはあるかもしれないね』
『本とかネットみながらパン食べると詰まるんです』
『当たり前ですよ、それ』

 

医師は血圧、心音、骨髄採取部分*4の状況を確認し、異常ないことを確認した。

コーディネーターが戻り、アルコール過敏も気にする必要なし、という報告も受け、身長体重測定と血液採取して、今日は解散。

すぐさま病院の食堂に駆け込み昼食にありついた。

 

 

『最後にご飯食べたのいつ?』
『朝ご飯だったから、6時間前です…』
その1時間後、のっちさんは悠々と定食を食べていた。

*1:骨髄移植は 患者の体重*15ミリリットルの骨髄が必要になる

*2:骨髄採取後の刺し傷を自分の体重をかけて圧迫するため

*3:この記述でのっちさんがどんな性格かわかってもらえると幸いです

*4:医師によると事前に確認せずドナー決定後に傷があったことに気づかなかったことがあったため