読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

未来ののっちさんより2017年5月14日ののっちさんへ

先日、とあるセルフメンテセミナーを受けてきた。

その中に、○年後の理想の自分の姿を想像してごらんというのがあった。

想像した理想の自分の様子を他の参加者に話し、なぜそうなったかとか、きっかけとかそれに至るまで流れとかを質問されたら理想の自分になったつもりで回答する。

てなわけで、のっちさんがどういう理想を語ったか書いてみる*1

 ーーーーーーーーーー(理想語り開始)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2027年、のっちさんはアラフィフ。   

だんなさんと駅の近くのおうちでのんびり過ごしています。   

子供は今ここには居ません。   

のっちさんは興味ある分野の仕事をしています。

だんなも専門的な分野の仕事をしているようですが、のっちさんの専門外なので首はつっこみません。

のっちさんはだんなと同じくらいの収入ですが、実はたまにだんなより収入があります。・・・どちらも食うには困っていないようです。

のっちさんは毎朝が楽しいです。朝になっていろんな疑問が湧いてきて日中にそれを解決できると思うと楽しいのです。まあたまに解決できないこともありますけど。

好きなことが原動力になる人生は楽しいもんです。昔から口べたで説明できずに苦しんでいましたが、好きなことを伝えたい、の一念でスピーチ教室やら文章教室やら何とか教室に通い始めました。そしたら、周囲のみんなが驚くほどにスキルアップしていました。

だんな?いつの間にか出会っていました。仕事場だったかもしれませんし、何とか教室だったかもしれません。みんなには王子様に見えるようですが、もうひとりののっちさんみたいなものです。

基本的にはだんなと一緒に過ごします。お金については生活費と家族旅行積み立て以外はすべて自分の財布で管理です。のっちさんもだんなも趣味に金を使い込みすぎて相手から怒られたこともありますが、それを反省として過ごしてる・・・ようです。

家事も手が空いた方がやっています。旦那が不在のときはのっちさん、その逆の場合もしかり。という具合です。

あ、どうしてだんなさんと同居、結婚したのか?流れですよ、流れ。でも、他の男性と違うところが一点ある。

彼は基本的にはドライなんだけど、あるとき、のっちさんが予期しない大きなトラブルに巻き込まれ、のっちさんがわあわあ泣くしか出来なかったときに、彼は側に居てくれた。それだけで励ましてくれた。心強かった。その恩もあるのかな・・・。

まあ、今でも喧嘩もするし、親戚づきあいも大変だけど、家族と居れば乗り越えられる気がする。うん、今は楽しい。

 ーーーーーーーーーー(理想語り終了)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に締めの質問。

「未来ののっちさん、今ののっちさんへ言いたいことを。」

「やりたいことをやれ」以上。

 

これ、また半年後にでも見直してみようかな。

*1:質問で聞かれた部分も含めています。