読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

だいもんさん、妄想し過ぎてごめんなさい。

今年はじめの話。

「早霧やめるねー」

「そだね、で雪組の新トップはだいもん、こと望海風斗だろ」

「うんうん」

「で、だいもんの御披露目は『ファントム』一択だろ」

「『ファントム』?何でかなしゅうて再演でトップ御披露目するんだ」

「は?歌のうまいだいもんならもってこいじゃん」

「俺はこれだと思うんだ。『子連れ狼』」

「は?何かかなしゅうて小池一夫の『子連れ狼』なんだよ」

「まず、だいもんにはバカまじめさがある。

お前、2014花組エリザベート」見ただろ。あのバカまじめなルキーニ。

次ぎに、報われ無さ。2013花組オーシャンズ11」。主人公の妻テスを横恋慕しようとして見事失敗。その後のショー開始直後のテスへの歌が未練たらたら。

そして執念深さ。…思いつかない」

「思いつかないなら言うなよ。だいもんが拝一刀で、相手役の真彩希帆は何やるんだよ」

「一刀の嫁、薊」

「薊、ソッコー死ぬじゃねえかよ」

「薊は、回想シーンやらピンチのシーンで幻影になって歌ったり踊ったりするの、で大五郎役は彩みちる」

「ああ、るろうに剣心のガキか。うん、合ってるんじゃねーか」

 「で柳生烈堂は…」

「二番手設定の彩風咲奈だとインパクト無さすぎるから影のラスボス扱いとして夏美よう

「星条海斗でもありかも」

「柳生烈堂をラスボス扱いにするなら、柳生烈堂の刺客達を彩凪翔、彩風咲奈、朝美絢、永久輝せあ、縣千…どうだ見たいだろ」

「…」

「あ、朝美絢は女役ね」

「あ、あのあのお毒味役阿部頼母は?」

「奏乃はると一択で」

「うん」

 

そんな話で盛り上がる二人を尻目に、ひっそりと雪組トップ御披露目の演目が決まっていた。

二本立て。劇はロペスピエールが主役。

舞台はオペラ座でも日本でもない。

「サヨナラ公演こそ「ファントム」だろうが」

「「子連れ狼」!」

ヅカ好きの妄想はまた深まる。