読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

湖を見失った白鳥は

2週間前、のっちさんは異様に高揚していた。

骨髄移植、初めての入院。誰でも体験できないようなことに心躍らせていた。

その時の血液検査で血中のヘモグロビンが低いと言われても

まだ未知の体験への希望はつないでいた。

そして、その1週間後、血液再検査をした後に医師からこう言われた。

 

「大変申し訳ありません。ヘモグロビンが前回より低くなってます。この血液状態だと骨髄移植はドナーの健康状態から見て危険です。一年間ドナーコーディネートは保留という形を取らせていただきます」

 

直後、のっちさんは目の前が真っ暗になった。

つまり骨髄移植終了。

空から真っ逆さまに突き落とされた感じだった。

病院から出て、会社にも報告。それから改めて休暇を取った。

それからデパートで彷徨った。

デパートの商品群が自分に買って買ってと微笑んでいるように見えた。

本当なら、この中の一つ、骨髄移植ガンバレわたし、で買ってたのになあ。

泣きたかった。

いつもはヘモグロビンは平常なのに、なんでここぞとばかりに平常以下の数値が出るの?だれのせいでもないけど、悔しかった。

ふらふらと彷徨った先に「傾聴ボランティア」なる小部屋をみつけた。

思わず入ってしまった。

そこには2人のおばちゃんが話を聞きたそうに机で待っていた。

そしてのっちさんは話した。会社のでのダメっぷり。わたしなんか居ない方がいい、仕事がもっとできるようになりたい、と恨みたっぷりに話していた。そこから、おばちゃんたちが言った。

「大変ねえ、あなた、休みにやるような趣味があるの?」

趣味。ありますあります。マニアックですけどねー。

と勢いよく喋り続けたら、2人のおばちゃんは私の顔を見て

「あなた、さっきの会社の話と打って変わってめがすっごく輝いてるわね」

と。

え?え?

結局おばちゃんたちに励まされて1時間ぐらい話していた。

少しは気分よくなったようだ。

 

と言うわけで、貧血症状発覚なのでドナーは1年間お預けです。

でも、ドナーコーディネート再開までにヘモグロビン値を女性の正常範囲まであげておく

という目標もできた。

 

次の日、ずっと行きたかった職場近くの飲み屋に行った。

たらふく食べてガンバレ私と心の中で言い続けた。今度はドナーになれるといいね。