読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

言ってみた

1,職場に言ってみた。

直属の上司に骨髄移植ドナーになることを今後のスケジュールと合わせて説明した。

「人事関係の責任者にも言ってみたら?」

そこで人事関係の責任者らを別室に呼んで直属の上司と同じように説明した。

結論:仕事が間に合えばドナーやってもいいよ。

直属の上司に話したところ、納得してくれた模様。

2,コーディネーターさんに言ってみた。

家族も職場も自分がドナーやること許可を得ることができたことを伝える。

家族との面談の日程調整に入った。

家族と同席しない面談の順番はのっちさんが先、翌日以降に親。

親用に実家近くの面談病院をコーディネーターに紹介した。

そして、

「あのう、10月になったら東京に出張がありまして、最終日が午前中で終わるみたいなので最終日の午後に東京で面談を入れて貰うことできませんでしょうか」

コーディネーターは難色をしめした。

県外で面談やら骨髄採取をするなら、県外の別のコーディネーターと調整することになるからだ。ましてやのっちさんの実家と関係ない東京。

結局、のっちさんの面談は現在地ので受けることにした。そして、同じところで骨髄採取を行うことに決めた。

骨髄採取にかかる入院スケジュールもちらっと教えてくれた。

3,親に言ってみた。

面談のスケジュール、骨髄採取病院と入院スケジュールを伝えた。

親、のっちさんところに乗り込む気マンマンだ。