読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

就職のためには実家を出なければならなかった

今日、ドナー選定のお知らせの書面を貰った。

その中に

「ご家族が遠方にお住まいの場合は、ご本人とは別に他地区で面談することも可能です。その際は、ご家族間で十分お話し合いいただき、コーディネーターさんまたは事務局にご相談下さい」

という記載があった。うわー、これで実家に帰らなくて済む!

・・・ところで、のっちさんと家族がこれに該当した場合、のっちさんの面談を受けてから実家の家族が面談するってことになるんだよね。

よし、確認しとこう。

 

その後、親から電話が来た。

「のっちちゃん、入院はじめてでしょ?ママすっごく心配だから1週間ほどのっちちゃんのとこに居候しようかと思って」

やめろー!片道2万円*1かけてくるのかよ!

それなら実家近くの病院で骨髄移植してやるよー!

は、そうなると骨髄移植の1か月前健康診断はその実家近くの病院で受けるのか。

頭を一生懸命かきむしるのっちさんがいた。

 

(2016年9月27日 追記)

やはり、骨髄移植ドナー本人と家族が別々に面談を受けるときは、

本人が受けた次の日以降に家族が受ける、とのことでした。

*1:最低ライン、この交通費は完全自腹と思われる