読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀色の、はるかな道

うだうだを、うだうだと。(基本 週1更新)

すべてはそこからはじまった

献血とか骨髄移植とか

6月某日、のっちさん宅に福岡の血液センターからの郵便物が届いた。

骨髄バンクに以前登録頂きありがとうございます。

大変申し訳ありませんが再度採血をお願いできませんでしょうか。という内容だった。

2004年当時に住んでいた福岡で登録して約12年・・・

 

大丈夫だよ、

これまで骨髄バンクからドナーの提供申し出来てないから採血ぐらいなら大丈夫さ!

程度の気持ちで7月3日の昼食時、近くの献血ルームで採血してきた。

「それじゃあ献血は?」「・・・結構です」

この後のっちさん、イベントに参加するんだもん。献血で時間とられる、もしくは血液取り過ぎて倒れるの怖いもん。

と採血した後お菓子食べてイベント会場に向かった。

それから1か月後の8月18日。

のっちさんのおうちのポストに骨髄バンクから「親展」と書かれた書類が届いていた。

これはちょっと大事だぞ、と開いたら、「骨髄ドナーのお知らせ」なるものが入っていた。(他にドナーハンドブックと健康状況アンケート)

 

10年以上も無縁で生活したんだぞ、54までドナー登録したけど何も無かったです

という展開を希望していたがそれは叶わなかったようだ。

親に話したところ父親はのっちさんの意志を尊重してくれた。

母親は父親の意見を支持することを表明してくれた。

家族の支えを元に、のっちさんはある野望を実行しようと考えていた。